肌を紫外線から守ることはスキンケアのためには大事

お肌を紫外線から守ることはスキンケアのためには大事だといいますが、なぜでしょうか。肌に紫外線が照射されると、どんな作用があるものなのでしょう。紫外線とは太陽光のひとつであり、特別な状況下において浴びる可能性のあるものではなく、日常的に浴びているものです。太陽の光には、目で見ることができる可視光線、目で見ることができない赤外線と紫外線があります。紫外線と赤外線はどちらも見えない光ですが、波長が長い方が赤外線であり、短いほうが紫外線です。紫外線は、さらに紫外線A波と紫外線B波と紫外線C波という、三種類の波長に分類されます。3種類の紫外線のうち、UVCと呼ばれる紫外線C波はオゾン層で阻まれるので、地面にまで届くことはありません。けれども、紫外線C波を吸収していたオゾン層が減少していると言われていることから、いつか状況が変化するかもしれません。赤外線そのものによる肌への害はありません。赤外線により肌が温まることによって紫外線の作用が促進されます。紫外線が肌の状態をそこなう速度が、加速する可能性があるといいます。お肌を紫外線から守るためにも、紫外線を浴びる機会をできるだけ少なくすることが大事になります。